焼鳥屋さんの露出工事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

北海道某所の、スーパーの中の、焼鳥屋さんの、天蓋・ダクト・ファン取付工事です。

この工事はダクト部分が露出(丸見え)のため、いつも以上に仕上がりに気を使って工事しなければいけません。

まず、店内はファンを吊ったりできる強固な場所が少ないため、鉄骨を設置します。

この鉄骨にファンを吊っていきます。

dsc_0123

dsc_0117

この左壁部分を貫通してダクトを伸ばし天蓋と接続します。

dsc_0127

dsc_0128

この伸ばしたダクト部分には天井や壁がないため、上から丸見えになります。このような工事を露出工事といいます。

2階からエスカレーターで降りるとき真正面に見えますよ!

dsc_0142

ダクトは通常、天井裏や床下、店舗の裏など、普段は皆様の目の届かない場所に設置しますので、表舞台に立つことは滅多にありません。

ですが、今回はダクトが主役!

こういうところはカッコ良く工事しなければ!!!

dsc_0148

dsc_0133

いつもより多く写真を撮っております!

声援ありがとう!!

こうして見事にやり遂げたのでした!!!